ネクタイは大人の嗜み

蝶ネクタイの歴史とは

ボウタイとも呼ばれる蝶ネクタイの歴史は古いです。17世紀でフランスでは国王ルイ14世が統治していた頃です。当時フランスの警備を行っていたのはオーストリアで、そのクロアチア兵が首に巻いていたことが始まりです。スカーフのように布を巻いており、これはクラバットという妻や恋人が無事に帰って来られるようにと祈りを込めてプレゼントするものです。
ルイ14世はそのデザインが気に入ったので、宮廷ファッションとして浸透させました。一般市民にもそのスタイルは広がり。1800年代に入ると、クラバットから結び目だけを残した蝶ネクタイが作られました。日本で始めて蝶ネクタイを着用したのは、アメリカに日本人で最初に渡ったことで知られるジョン万次郎です。1870年には欧米の様子を視察するために岩倉使節団が結成されます。その記念写真では初代内閣総理大臣となる伊藤博文が着用しているのが分かります。その他にも早稲田大学の創設者である8代内閣総理大臣の大隈重信や、映画スターなどが、肖像画を描く時やキャラクターに強い個性を与えたい時に利用しています。
現代でもイギリス王室の王族が世界各国を訪れる時にタキシードと蝶ネクタイを合わせており、人気は衰えていません。

ビジネスや冠婚葬祭のネクタイの選び方

ビジネスマンなら毎日身に着ける事になるネクタイですが、たくさんの種類の中からどのような物を選ぶべきなのか迷ってしまう事もよくあります。間違った物を選んでしまうと、仕事で関係のある人に不快な印象を与えてしまいます。また、付けていく場所によってネクタイを変えなければマナー違反になってしまうケースもあります。
このような事を避けるためにも、選ぶ時には慎重に選ばなければなりません。ビジネスマンの場合は実際にスーツを着た時をイメージして選ぶと失敗を防ぐことが出来ます。長さはズボンのベルトくらいの長さの物を選ぶことで、スーツとのバランスがとても良くなります。柄や色はスーツの色によって変わってくるので、自分の持っているスーツに合うものを選びましょう。あまりにも派手な柄や色の物を選んでしまうと、カジュアルな印象を与えてしまうので注意しましょう。
結婚式に参加する時には、黒いネクタイは結婚式などの喜びの場ではふさわしくない為、できるだけ白やグレーの物を選びましょう。お葬式に参列する場合は、黒いネクタイを付けることが参列者のマナーとなっています。自分が行く場所や参加する行事によって様々な色や柄を使い分けなくてはなりません。選ぶ時には先の事まで考えた上で選ぶことを心がけましょう。

check

プロポーズ 大阪
http://www.enjoy-propose.com/
大阪 ネイルスクール
http://nails-shine.com/
ベビーシッター 東京
http://www.childforest.jp/
奈良 リフォーム
http://www.rossetto.co.jp/
エステサロン 横浜
http://emotion-esthe.jp/
岐阜 一戸建て
http://www.daiyuu.com/
中央区 美容師 求人
http://rire-ginza-recruit.tokyo/
横浜 浮気調査
http://best-tantei.net/

Last update:2016/5/19